メールや電話で担当の先生がフォローしてくれる

様々なフォロー制度のある通信制大学を探そう

通信制大学は、学科やカリキュラムにもよりますが、一般的に年に数回程度しか通学の必要がないため、スムーズに卒業を目指すうえで、日ごろから自己管理をきちんと行うことが重要です。最近では、メールや電話で担当の先生にフォローしてもらえる制度が導入されている通信制大学の数も増えており、社会人の学生も無理なく自分のペースで学習に取り組むことができます。また、自宅学習に少しでも不安がある場合には、各地の都市部に学習センターが設けられている通信制大学を選ぶのも良いでしょう。その他、志望校を選ぶにあたって、興味のある学科がある通信制大学の入学相談会に参加をして、在学中の具体的なフォローの内容を確認することも大切です。

教員や学生とコミュニケーションを取りやすい通信制大学がお勧め

全国に多くの社会人の学生を抱えている通信制大学の中には、SNSを活用して教員や他の学生とコミュニケーションが取れるシステムが整っているところも多くあります。特に、理系分野を専門的に学ぶには、通信教材を利用するだけでは理解しにくいところもあるため、積極的に担当教員に質問をしたり、色々な立場の学生と意見を交わしたりすることがお勧めです。また、通信制大学のスクーリングは、平日の昼間に仕事をしている人にとって、スケジュールの調整が難しいことがありますが、学習意欲を高めるうえで絶好のチャンスとなっています。なお、仕事や家事の隙間時間を使って順調に卒業研究を進めるために、都合の良い時間に図書室や自習室を利用できる通信制大学を探してみましょう。

英語の教員免許を通信教育を受講して取得すれば、スクールに行く手間もかからないのでとても取りやすいです。